多様化された薬局勤務の薬剤師の仕事

薬剤師の就職先として、近年注目を浴びている職場に薬局やドラッグストアがあります。ドラッグストアにて扱える薬が増え、調剤薬局として薬局が新たな発展を見せるようになってから、その傾向は顕著になりました。薬局は今や、薬剤師にとって最も身近な活躍の場といっても過言ではありません。

薬剤師の薬局での仕事は主に接客で、来店する客の希望のままに、お店で販売されている薬の説明や使用のアドバイスを、薬の専門家としての立場で行うのが役目です。薬剤師の持つ薬の知識が生かせる仕事ですが、市販の薬と病院が処方する薬は様々な点で異なるため、学んできたことの他にも、新たに頭に詰め込まなくてはならない情報は多くあります。薬局によっては薬での治療について助言を行う際、さりげなく新発売の製品を勧めよという、営業的な業務を指示されるケースも見られます。

調剤薬局では、病院の処方箋を受けて調剤をしたり服薬指導を行ったりというのが、業務の中で大きな割合を占めることになります。仕事の内容は病院での調剤と変わりませんが、調剤する薬の種類には偏りがみられる場合が多いです。院内で行う処方とは違い、一人の患者さんに向き合って継続的に対応することは多くなく、不特定多数の人に向けたその場限りの調剤が仕事のメインとなるでしょう。

ドラッグストアの一部となっている薬局などでは、薬以外にも日用品から食品まで数多くの商品と関わることになるわけですが、そうしたものの品出しやレジ打ちの仕事も、業務の一つとして数えられることは少なくありません。薬剤師の本来の役割とはかけ離れた仕事ですが、薬局を勤務地とする以上は避けることのできないものでもあります。勤務時間全体の内、どれほど薬に関わらない業務が割り当てられるかは、薬局のスタンスによって異なります。

調剤中心の薬局から、薬以外の商品の販売も活発に行う店としての一面が強く出たものまで、薬局の多様化は止まるところを知りません。薬剤師は職場によって力を注ぐ先を選べる職業ですが、薬局を勤務地に決めた場合にはその限りではなく、選択の余地はなく多様な働きを期待されます。薬局にて必要としている働き手を総括した存在こそが、まさしく薬剤師であるからです。

細かく勤務地を選べることや多くの人と向き合えることを魅力と思えるのなら、薬局勤務はその薬剤師にとっての天職だといえるかもしれません。薬局にて薬以外のことに広く向き合う仕事の形も、薬剤師が持つ可能性の一つの行く末なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です