市販薬と処方箋が必要な薬

薬はどのように分類されているか

薬は、服用の際の留意点が多いほど、厳重に管理されて販売されます。薬の服用に関して、医師の指導のもとに服用するべき薬は、処方箋が必要になります。もちろん、全ての薬について、正しい服用方法を守れば、安全性は確認されています。

薬について、大まかに分類すると、下記のようになります。

  • 医師の処方箋が必要な薬
  • 市販薬(第1類医薬品)
  • 市販薬(第2類医薬品)
  • 市販薬(第3類医薬品)

上から順に、服用時に十分注意しないと、副作用が起こる可能性があります。

第3類医薬品に関しては、最近はコンビニエンスストアなどでも販売できるようになっています。第3類医薬品には、強い成分や、副作用の可能性の高い成分は入っていない場合が多いです。

医師の処方箋が必要な薬

医師の処方箋が必要な薬は、処方箋に従い、薬剤師が調剤して患者に渡します。この為、厳重に管理されていると言っていいでしょう。現在は、調剤薬局では、お薬手帳を発行し、服用状況を確認しています。

また、現在では、ジェネリック(後発)医薬品といって、先発薬(最初に開発された医薬品)と同じ成分で、薬価が安い物も処方されています。先発薬でも後発薬でも効果は同等、価格は約1/3と言われています。

処方箋が必要な薬は、意外な会社が研究開発をして販売しています。有名な食品メーカーや、化学製品のメーカーも医薬品開発部門を持っていて、医薬品の特許を持っている事があります。その他、飲料メーカー、菓子類のメーカーなど、驚くような所が製造している場合があります。もし医師にかかる事があったら、薬の製造元を調べてみるのも面白いかもしれません。

市販薬について

市販薬は、皆さんが近所の薬局や、ドラッグストアで目にする医薬品全般です。製造している製薬会社も、○○製薬など、良く知られている会社が多いと思います。

一般的に、風邪をひいたり、頭痛がしたりした時に購入する薬は、第2類医薬品がほとんどです。胃薬、漢方薬も第2類が多いです。

第3類医薬品は、目薬の一部、湿布の一部、ビタミン製剤の一部などに限られます。キズ薬に塗るクリームや、かゆみ止めなどは、第2類の物も多いので、使用時には注意しましょう。

また第1類医薬品は、市販薬とはいえ、必ず薬剤師に相談の上、使用方法の説明を受けて購入しましょう。元々は、処方箋が必要であった薬品が、第1類医薬品として市販されるというケースも多くあります。その場合、医薬品業界では「OTC(市販薬)におりてきた」と言います。(皆が一般的に購入しやすくなったという意味です)

ただし、もとは医師の管理下で使用していた物なので、強い成分が入っている物が多いです。第1類医薬品は、効果も大きいですが、慎重に服用する必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です